試合結果【平成30年度広島六大学野球春季リーグ戦】対広島大学第二戦

広島修道大学  1勝1敗

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
広修大 0 0 1 0 0 0 1 1 × 3

広島大
橘 - 國政 

広修大
田中(裕)、福田(8表) - 田中(啓)

広島大学との二戦目を勝利することができました。

初回に1点先制されますが、3回にフォアボールと犠打、犠飛と相手エラーでノーヒットで同点に追いつき、その後、終盤まで同点で試合が進みました。
試合が動いたのは7回裏、先頭の小泉(3年・広島新庄)がフォアボールを選ぶとその後二盗を決め、サードゴロの間に好判断で三塁に進み、一死三塁から2番為国(4年・広島観音)の犠飛で1点勝ち越しに成功。続く8回裏、先頭の代打岡本(2年・帝京第五)が内野安打をもぎとり、相手の送球エラーもあり二塁まで進むと、その後一死1,3塁から8番岩本(3年・広島新庄)のライトへの犠飛でさらに1点を追加して2点差としました。
 投げては先発の田中(裕)(3年・大竹)がランナーを出してもストライク先行の投球で二回以降は0に抑えました。
バックも落ち着いて守り、キャッチャーの田中(啓)も再三、盗塁を刺してピンチの芽をつみました。8回からマウンドにあがった福田(4年・安芸南)も無失点で切り抜け、勝利をつかみました。

明日、勝ち点をかけて広島大学との戦いとなります。
今日はベンチも含めて役割を皆が果たして勝利をつかむことができたと思います。
「リーグを通じて成長する」ことが明日もできるように、チーム一丸で戦いたいとおもいます。
ご声援をお願いします!

なお、明日は試合は2試合目です。

広島修道大学硬式野球部

広島市安佐南区にある広島修道大学の硬式野球部が運営するホームページです。 広島六大学野球連盟リーグ戦(春・秋)・新人戦・オープン戦などの予定や結果、部員紹介、OBの方向けの情報発信などをしています。