監督ブログ(仮) 投資とリターン

広島修道大学硬式野球部@高木です。


先日、「Mac's Trainer Room」の高島さん 刎田さんにお越しいただき指導をいただきました。

最初にグランドにて、

・10m、24mダッシュ

・スイング、打球スピード

・スローイングスピード

・メディシンボールスロー

などの測定を行いました。


やっぱり選手も測定とかになるとやる気が違いますね…

「あ、こいつじつは結構走れるんだ…」

「あ、こんなにパワーあるんだ…」

なんて、気づきもありました…(笑)

測定後、グランドレベルでできるトレーニングを指導いただき、

その後、トレーニングルームに場所をうつして器具を使ったトレーニングの指導をいただきました。

やはりプロの指導は中身が濃いです。

いつもやっていたトレーニング方法にも問題点があったり、新たな発見が各自あったようです。(私もたくさんありました。)


純粋に本学の硬式野球部の部員については、みんなポテンシャルを持っていると感じてます。(まぁ、大学で自ら硬式野球をしようという選手たちなんで当たり前ですが)

そのポテンシャルをしっかりの伸ばしてあげる環境なり仕組みなりを整えてあげることが、

監督の仕事だろうと思います。


さて、部員には話をしていますが、

今回のトレーニングに関しては、私が投資して実現しました。

(だから偉いとかではなく、私も必要だと思い投資したわけです。それが監督の仕事ですから。)

取組む態度、聞く態度にも、まぁ、差がありました。

とは言え、教えていただいたことはみな同じ。

あとは、自分たちでやるかやらないかです。


確実に取り組み方に差が出るであろうと思います。

もちろん全体のメニューには取り組んでやろうと思いますが、

きちんと意識して取り組むかどうかでも差がでるでしょうし、

抜こうと思えば抜けちゃいますから。


もちろん私も一緒に取り組みます。

(私がメニューをするという意味ではなく…)


普段の練習もそうですが、

一般の学生がバイトしている時間を野球に費やしていると考えると(バイトももちろんほとんどの部員がやっていますが)、

平日4日 × 2.5時間

土日2日 × 4時間

18時間を全体練習に費やしています。

時給900円とすると一週間で¥16,200円。

それだけの時間をみんな投資しているんだからしっかりリターンをとってほしいと思います。

それはもちろん野球のパフォーマンスがあがる。リーグ戦でベストナインをとる。も、大事ですが、人としての成長も含めてです。


この投資のリターンをしっかり見せてくれることを期待しています!















広島修道大学硬式野球部

広島市安佐南区にある広島修道大学の硬式野球部が運営するホームページです。 広島六大学野球連盟リーグ戦(春・秋)・新人戦・オープン戦などの予定や結果、部員紹介、OBの方向けの情報発信などをしています。