記録室

リーグ戦等のチーム成績・個人成績をアーカイブするページです。

【平成30年度広島六大学野球秋季リーグ戦】

広島六大学野球2018年秋季リーグ戦を振り返って

 2018年秋季リーグ戦は近大工が最終戦で春の優勝校広島大から2連勝で勝点をあげ、勝点5の完全優勝で幕を閉じました。本学は勝点1(4勝8敗)で5位となりました。

昨年秋の2位(9勝3敗勝点4)今春の4位(7勝7敗勝点2)から順位を落とす結果となりました。

昨秋、今春ともコールド負けが1試合のみでしたが、今シーズンは5試合を数えました。「点を取られだしたら止められない」「取られた分取り返せない」攻守ともに課題が見えたシーズンと言えます。

 攻撃は、チーム打率が2割を切りリーグ最下位。また、選んだ四死球が35個と減少しました。これを1試合平均で見ると今春と比べてもヒットが1.8本、四死球が1.4個減少したことになります。出塁率が下がった結果、攻撃のパターンも限られ、盗塁も今春の26から12となり、結果的に総得点も26点と大きく減少することとなりました。

 守備は、失策18と少なくない数ですが、積極的なプレーの中での失策も多かったように思います。しかしながら失点に直接つながるミスもあり、改善の余地がありそうです。

 投手陣は、四死球の数は今春比べ改善(84→58)し、被安打数もさほど変わりませんので、失点も減少しても良いところですが、コールド負け5試合が象徴するようにビッグイニングをつくられるケースが目立ちました。

ここ数年の傾向ですが、今年も大半の3年生がこの秋季リーグ戦をもって退部します。

本学は野球推薦で入部している部員はいませんし、自ら野球がやりたい選手が集まっている部です。したがって、自らの意思で退部することは仕方ないと思っています。(それを推奨しているわけではありませんし、野球を続けたい魅力的な部にしていきたいと思っています)

残るメンバーについては、3年生はピッチャーではエースの宇佐(熊野)、野手では岩本(広島新庄)を中心にチームを引っ張ってほしいと思います。

また、1、2年生は全員に期待をしていますが、その中でも野手陣で言えばこのリーグ戦を経験した岡本(帝京第五)、下家(崇徳)、今村(岡山理科大学付属)、坂田(広陵)を中心に、投手陣では古賀(米子西)、平本(広陵)、井野(広島工業大学)、舟橋(尾道東)が全体を引っ張っていってほしいと思います。

春のリーグ戦に向けたこのオフシーズンはチーム全員、全体が大きく伸びるための大事な期間です。次のリーグ戦は本学が幹事校となり、初戦を本学グランドで今秋優勝の近大工と戦うことになる予定です。そこで良い結果が出せるようにチーム全体で取り組んでいきたいと思います。引き続きのご声援をよろしくお願いします。

広島六大学野球2018年秋季リーグ戦 成績(リーグ全体)

広島六大学野球2018年秋季リーグ戦 成績(チーム全体)

【平成30年度広島六大学野球春季リーグ戦】

広島六大学野球2018年春季リーグ戦を振り返って

5月27日に春季リーグ戦が終わり、勝点5で近広島大が優勝しました。本学は勝点2(7勝7敗)で4位となりました。昨シーズンの2位(勝点4)から優勝を目指して挑んだものの、一歩後退した感は否めません。

今シーズンは、投手陣を中心にした“守り”のほころびが大きな敗因といえるでしょう。全体の防御率、失策数ともに昨シーズンを上回る結果となり、投打の噛み合わないケースが見受けられました。その中でも五分の星で終えることができたのは、投打の中心選手が役割を果たしたからではないでしょうか。

打撃に関してはチーム打率が2割2分8厘と低迷しましたが、足を絡めた積極的な攻撃が光りました。盗塁は6大学トップの26をマーク。なかでも、為国(観音・4年)が8盗塁、西川(尾道商業・4年)と岩本(広島新庄・3年)がそれぞれ5盗塁を記録しました。また、西川、岩本、川口(瀬戸内・4年)、市村(宇部商業・2年)の4名がベストナイン賞を獲得。来シーズンに向けて、さらなる鍛錬を期待したいところです。

投手陣では、エースの宇佐(熊野・3年)が5勝を挙げ、防御率もリーグ4位の1.71を記録。宇佐に続く投手の台頭が来シーズン以降への課題といえるでしょう。新入生も加えた投手陣がお互いに切磋琢磨し、これまで以上に厳しい練習を乗り越えてほしいものです。

秋のシーズンはあっという間に始まります。もう一度優勝争いに挑めるように何をすればよいか、選手自身が今一度真剣に考え課題に取り組むことが重要です。秋の修大硬式野球部の活躍にご期待ください。

*春季リーグ戦の詳しい記録は「硬式野球部HP」をご覧ください。

広島六大学野球2018年春季リーグ戦 成績(リーグ全体)

広島六大学野球2018年春季リーグ戦 成績(チーム全体)

【平成29年度広島六大学野球秋季リーグ戦】

広島六大学野球2017年秋季リーグ戦を振り返って

10月18日に秋季リーグ戦が終わり、勝点5で近大工が優勝しました。本学は勝点4(9勝3敗)で2位となりました。昨シーズンの5位(勝点1)から躍進したといってよいでしょう。

今シーズンの躍進は、何と言っても投手陣を中心にした“守り”の充実に尽きます。春の11試合73失点から大きく改善し、12試合で38失点でした。

投手のチーム防御率は2点台、失策も1試合平均1個と安定した守備力を発揮しました。

打撃に関してはチーム打率が2割3分8厘と突出した数字ではありませんが、6大学中の2位です。なかでも、植田(広島商業・2年)は打率.378を記録し、首位打者賞とベストナイン賞を獲得しました。さらに、鶴嶌(岡山南・3年)も打率.359と打撃成績2位で、こちらもベストナイン賞を獲得。

くわえて、犠打、盗塁も6大学中の上位を記録し、機動力を絡めた多彩な攻撃で得点を重ねたことが上位進出の要因といえるでしょう。

投手陣では、宇佐(熊野・2年)が4勝、福田(安芸南・3年)が3勝、中野(広島工業大学・2年)が2勝を挙げました。これまで、リーグ戦未勝利だった宇佐と中野が軸として1シーズンを投げきったことは、来シーズンに向けて大きな収穫です。二人とも投球回数に比して四死球が多い点を改善することで、来シーズンの更なる活躍が期待されます。

来春は、もう一歩で逃した優勝を目指す戦いが望まれます。そのために、オフシーズンに何をすればよいかは選手自身が一番知っています。来春の修大硬式野球部の活躍にご期待ください。

広島六大学野球2017年秋季リーグ戦 成績(リーグ全体)

広島六大学野球2017年秋季リーグ戦 成績(チーム全体)